新着情報

◆2016/04/25
ヘナ 白髪染めの良い点、難点とは?の情報を更新しました。
◆2016/03/31
成分の強い白髪染めを使うデメリットを新規投稿しました。
◆2016/03/31
白髪染めとヘアマニキュアの違い&自然な髪色を新規投稿しました。
◆2016/03/31
【3ステップ】自宅で簡単リタッチ!失敗しない白髪染めを選ぶコツを新規投稿しました。
◆2016/03/31
男性用と女性用の白髪染めの違いとはを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

男性用と女性用の白髪染めの違いとは

ドラックストアなどで、よく見かける白髪染めですが、基本的には男性用をでも女性用でも成分の違いはありません。

男性の方が中身の成分が強いイメージがあります

男性用のものと女性用のものと比べると何か成分が違っているのではないかと気になっている人は多いでしょう。
男性の方が女性に比べて、髪の毛も少し太くできていますし、色も濃いようなイメージがありますので、男性用の白髪染めの方が、中に入っている成分が女性用よりも強いものが入っているというように考えていた方もいるのではないでしょうか。
しかしそのようなことは全くありません。
中身の成分は特に違いがあるということはありませんので、たとえ間違って逆を使ったとしても、全く問題ありませんので、安心して使ってください。
たくさんある商品の中には、女性用の方が香料が女性向きのものが入っているくらいで、基本的な成分は変わりません。おそらく男性用と女性用に陳列を分けたほうがまず見やすい、探しやすいということもあるでしょう。
あと、女性用の方が種類がとても多いというのも特徴です。

男性用の白髪染めは種類が少ない

男性は、女性よりもそれほど髪の毛に対してこだわりを持っている人は少ないので、商品もそれほど多くはないのでしょう。
もし、人気があるようでしたら、製作しているメーカーも、もっとたくさんの男性用白髪染めを作っているでしょう。
男性はどちらかというと、早染めのタイプのものが人気があります。
やはり、女性に比べて、面倒くさいなんて気持ちがあるのではないでしょうか。
とりあえず白髪を隠せればそれで良い、という方が多いので、バリエーションを多くしても、あまり売れないのだと考えられます。
白髪染めの色も、女性用はいろいろな色があるのに対して、男性用は基本3種類ぐらいしかないです。

基本的には男性用と女性用は同じ

男性用と女性用の白髪染めについては、成分的には全く違いはありません。
香料などの違いはありますが、基本的には同じもの使用しています。
男性用は女性用に比べて、髪の毛へのこだわりもそんなにないので、種類も少ないです。

白髪染め 残りはとっておける TOPへ

▲PAGE TOP