新着情報

◆2016/04/25
ヘナ 白髪染めの良い点、難点とは?の情報を更新しました。
◆2016/03/31
成分の強い白髪染めを使うデメリットを新規投稿しました。
◆2016/03/31
白髪染めとヘアマニキュアの違い&自然な髪色を新規投稿しました。
◆2016/03/31
【3ステップ】自宅で簡単リタッチ!失敗しない白髪染めを選ぶコツを新規投稿しました。
◆2016/03/31
男性用と女性用の白髪染めの違いとはを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

成分の強い白髪染めを使うデメリット

いろいろな種類の白髪染めがありますし、その人の体質にもよりますので、一概には言えませんが、デメリットがないとはいえません。

ヘアカラータイプのものはチョット注意

市販の白髪染めですと、いろいろなタイプがあります。
中でも使用率が一番高い、髪の毛の内部までしっかりと色つけるヘアカラーがあります。
こちらは、ドラッグストアなどでもたくさん販売しているので、一度は目にした人もいるでしょう。
ヘアカラーは、髪の毛のなった内側まで染料が浸透していくので、髪の色もはっきりと変わるのがわかりますし、一番長持ちするタイプの白髪染めです。
ただし、デメリットもあります。
人によっては、アレルギー反応が出てしまう方もいます。
肌の弱い方や、もともとアレルギーに敏感な方ですと、そのような反応が出てしまうこともあります。
他のタイプのものと比べると、髪の毛へのダメージは大きいです。
ヘアカラーの他にも髪の毛や肌にやさしい白髪染めも売っていますので、販売店で確認することおすすめします。

男性用と女性用の白髪染めの違いは

ドラックストアは、最近ではなじみの深いお店になりつつありますが、白髪染めを購入するときは、こちらで購入するのが良いのではないでしょうか。
ドラッグストアには、たくさんの種類の白髪染めが置いてあるお店が多いです。
いろいろなタイプもそろっていますので、あなたに合った白髪染めが必ず見つかるでしょう。
よくある質問で、男性用と女性用のものがありますが、何か中身が違うのですか、ということを気にしている方がいます。
男性用と女性用での白髪染めの違いが基本的にはありません。
中身は基本的には同じ成分になっています。
商品によっては、潤い成分などが女性用の方に余分に入っていたりすることはありますが、それぐらいの違いで、男性用でも女性用でも中身は同じです。

ヘアカラーを使用するときは、成分が基本的には強いために、髪の毛やお肌を傷めてしまうことがあるので気をつけましょう。
そのような時は、他のお肌にやさしい成分の白髪染めを使うと良いです。

白髪染め 残りはとっておける TOPへ

▲PAGE TOP