新着情報

◆2016/04/25
ヘナ 白髪染めの良い点、難点とは?の情報を更新しました。
◆2016/03/31
成分の強い白髪染めを使うデメリットを新規投稿しました。
◆2016/03/31
白髪染めとヘアマニキュアの違い&自然な髪色を新規投稿しました。
◆2016/03/31
【3ステップ】自宅で簡単リタッチ!失敗しない白髪染めを選ぶコツを新規投稿しました。
◆2016/03/31
男性用と女性用の白髪染めの違いとはを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

白髪染めとヘアマニキュアの違い&自然な髪色

白髪染めとヘアマニキュアの違い

ヘアマニキュアでは白髪が染まりづらいが、白髪染めでは全体的に染まりやすいという点。
白髪染めはカラーバリエーションがあまりないからと、ヘアマニキュアで白髪染め的にやってみた事がある人は経験済かもしれませんが、染めたすぐは色が乗っていて染まったように感じられますが、1週間ほどすれば白髪の部分だけ色落ちしてきてしまう。
もちろん、髪の傷んでる部分もヘアマニキュアだと色落ちが早い。
白髪染めの方は、白髪もしっかり染める事ができ、白髪でない部分も同じ色合いに染める事ができる。
その後に白髪が目立ってくるのは、染めた部分が色落ちしたのではなく、伸びてきた部分です。
パラパラとまばらにある白髪であればヘアマニキュアの方がお洒落をたくさん楽しむ事ができますし、白髪が大半という人であれば、白髪染めでもワントーン明るい色と配合して染めればしっかり染まり、やや明るめの色も楽しめます。

白髪染めをしたけど、黒すぎた!

元々白髪染め自体、明るめの色でも限度があります。
さらに、自分の今の髪の色に合わせて白髪染めを購入する人が多いと思いますが、そうすると今より暗め・黒く染まる可能性があります。
白髪染めはしっかり染まり、色合いも光沢はありながらもハッキリしていますので、自分の髪色の色よりワントーン明るめを選ぶと黒くなりすぎません。
また、アッシュ系でグリーンが配合されているものは、白髪部分では濃いめのグレー系に太陽光などの加減で見える事があり、イエローの配合されたブラウン系は白髪の部分は少し透き通って見えてしまう事もあります。

白髪染めでナチュラルに魅せる

ダークブラウン系がおすすめ。
黒髪にも少し明るさを加えれますし、今が明るめの髪色であれば、その色と重なり落ち着いたナチュラルなブラウンになります。
元々の髪色が黒い人は少し明るめのブラウン、元々明るめのブラウンの人は濃いめのブラウンと覚えておくと色合いで失敗する事も減り、ナチュラルで自然な髪色に近づける事ができます。

白髪染め 残りはとっておける TOPへ

▲PAGE TOP